FXで脱税したくなるほど稼ぐには?

FX脱税物語

日本でもFXの脱税事件は起きている!

当サイトでは、過去に実際に起きたFXに関わる脱税事件を取り上げています。

 

どの事例も億レベルの脱税で話題になったものばかり。

 

「FXをやってはいるけど、全然稼げていない・・・」
と思っている人にとっては、脱税で悪いことをしたとは言っても、「一体どんな手法で取引していたのか?」と不思議に思うんじゃないでしょうか?億レベルの脱税をするくらいですから、当然凄い手法のハズ。

 

当サイトでは、FXで大金を脱税した人たちの事例からどんな方法で利益を出していたのかを推測してご紹介しています。

 

言うまでもなく、決して脱税を推奨するものではありません。
脱税は犯罪ですし、税金の素人がどう頑張っても脱税して逃げ通すことは不可能です。
FXで稼いだらしっかりと納税しましょう!

 

 

FXの脱税事例のピーク

FXの脱税事件が多く取りざたされたのは2007年頃です。
なぜこの時期に億単位の脱税が多く摘発されたのでしょうか?

 

その答えは2000年代前半から始まった「超円安トレンド」です。
2001年頃から2007年のアメリカのサブプライム問題が取りざたされるまでは、長期間にわたって円安トレンドが続いていました。

 

円はユーロやポンド、オーストラリアドルに対して弱い期間が長かったのです。
実際に当時の月足チャートをご覧ください。

 

ポンド円月足

 

2001年7月の段階では170円台だったポンド円でしたが、そのまま上げ続けて2007年には250円近くまで上昇しています。

 

 

 

豪円月足

 

2001年には50円台だった豪円は、2007年には100円台を突破しました。

 

このように2000年代前半から2007年までは、クロス円のポジションをホールドしていれば、誰でも勝つ事が出来た「円安バブル」だったのです!

 

しかもそれだけに終わりません。
当時も日本はバブルが弾けた後遺症に悩み、デフレによって金利は大きく減少していましたが、ポンドや豪ドルの金利は非常に高く、クロス円の通貨を保有しているだけで多くのスワップ益も得られたのです!

 

つまり、クロス円の通貨を保有すれば、価格レートも上がってキャピタルゲインも増え、更にはスワップ益も貰えるというちょっと信じられないくらいに恵まれた時代だったのです。

 

さらにレバレッジ規制が無かった

 

2000年代前半から2007年頃までは円安トレンドで稼ぎやすかったのは上で述べたとおりです。
さらに凄いことに、当時はFXの法規制がまだ進んでおらず、レバレッジ規制というものはなく、どの国内FX業者でもレバレッジ100倍、200倍で取引することが可能でした。

 

 

つまり、ですよ。
円安トレンドに乗ってクロス円をロングエントリーして、少し下げてきたら買い増しする。ちょっと無理してでも、レバレッジを利用してロングポジションを積んでいけば、恐ろしいくらいに儲かったのです。

 

その結果、2007年から2008年頃にFX関連の脱税が大きくニュースになりました。
このニュースで「こんなにもFXで儲けられるんだったら、オレも始めてみようかな?」なんて思った人も多いはず。

 

実際、FXの知名度を大きく上げたのは脱税事件によるものと言われています。

 

 

現在では億単位の脱税出来るほど簡単には稼げない

 

リーマンショック後、多くのトレーダーが大きな損失を出しました。

 

当然ですよね。
それまではクロス円を強気でバイ&ホールド(最近の言い方をすれば「ガチホ」)すれば、簡単に儲かっていた時代が終わって、逆にロングポジションを持っていたら大損時代に切り替わったのですから・・・。

 

ですから、FXで脱税した人の中には国税庁に摘発された時点では、リーマンショックの大暴落によってそれまでにFXで得た利益の多くを既に失っていた人もいました。

 

このように、相場の乱高下によって損失を出した人が多くなった事実を重く受け取った金融庁は、投資家保護の名目でレバレッジ規制を始めます。

 

その結果、2011年には最大レバレッジが25倍となってしまいました。
この時は多くのトレーダーから反対運動がありましたが、強制的に決行されたのです。

 

それ以降は外国為替市場に年単位のトレンドが発生せず、それなりに上下するだけの相場が続いており、しかも世界的な金融緩和によりどの国も金利が大幅に下がったために、FXは「誰でも楽して稼げる」という状態ではなくなりました。

 

しかもレバレッジ規制のおかげで取引量も制限されましたので、大金が稼ぎにくくなっているのも事実です。

 

また、FXの脱税が摘発されたことで、多くの人が納税の重要性を感じているため、脱税も減ってきているのが現状です。

 

脱税したくなるほど稼ぐためには?

 

「レバレッジ規制があるのならもう億単位のお金が稼げないのか・・・」
と落ち込んではいけません。

 

大丈夫です。
金融庁のレバレッジ規制を受けるのは日本国内で営業するFX業者のみです。
逆に言えば、日本国外で営業する「海外業者」の口座で取引すれば、非常に高いレバレッジでトレードが可能になります。

 

特に私がオススメしたい業者がXM。
XMは日本人がカスタマーサポートをしており、FX初心者の方でも安心して利用できます。

 

 

FXで大金を稼ぐのであれば、海外FXしかないのです。
しかもXMなら口座を開設するだけで3000円分のボーナスがもらえますし、入金すればさらに多くのボーナスがもらえます。

 

⇒XMの口座開設方法

 

トップへ戻る