4億5千万円の脱税をしたヒルズ族

4億5千万円の脱税をしたヒルズ族

4億5千万円の脱税をしたヒルズ族

「突然マルサがやってきた」という本で有名になった磯貝氏の脱税話です。

 

磯貝氏は元々スクラップ屋をやっており、父親の保険金でFXを始めたところ、当時の円安トレンドに乗って大儲け。
一時は日本で一番ポンドを持つ男と称されて、六本木ヒルズを住居にするなど派手な生活をしていました。

 

しかし、彼は納税をしておらず、突然やってきたマルサに取り押さえられて2年間の利益4億5千万円に対して2億8千万円を支払うことになりました。

 

 

ココまでなら普通に支払えると思うことでしょう。
しかし、運の悪いことに磯貝氏はマルサがやってきた時点で、サブプライムショックの大波にやられて証拠金の多くを失っていたのです。

 

そんなことを言っても脱税は脱税。
お金が無くても税金は支払わなくてはいけません。
税金なので自己破産も出来ません。

 

そんなわけで、磯貝氏は再びスクラップ屋に戻って残りの税金を返済しています。

 

磯貝氏が凄いのは、そのポジティブさ。
普通であれば数億円の返済があれば、もう人生終わったものだと感じるはずです。
しかし、磯貝氏は彼の著書の中からはドンゾコにあってもポジティブさが強く感じられました。

 

コレは彼の才能なのでしょうか?
やはり凄い人であることは間違いないようです。

 

トップへ戻る