脱・初心者!を果たすために

脱・初心者!

 

そして正確な投資判断のできる「投資家」になる方法をご紹介します。

 

具体的には、判断基準を作るための学習方法の解説です。

 

実際に、FXで稼いだ人達が、初心者から投資家になったときの学習方法を、ステップに分けて紹介します。

 

 

投資家になるまでの道のり

1. まずは基礎的な情報を集める

 

2. 基礎的な情報を元に、業界の常識を調べる

 

3. 判断基準が出来始める。

 

4. デモ取引

 

1.〜4.の流れを、今すぐ把握する必要はありません。読み進めていくうちに自然と理解できます。

 

それでは、詳しく見ていきましょう!

 

1まずは基礎的な情報を集める

まずは基礎的な情報を集めます。

 

本、FXの情報サイト、取引ブログ、無料レポートなどなど。

 

チャートの見方、用語、資金、どんな人が投資をしているのか?

 

そういった、「投資家には当たり前」の情報を調べます。

 

投資用語には専門的な言葉が多いので基礎が無ければ、何を話しているのかすら理解できません。こういったことは、「慣れ」が大事なのです。

 

 

自分で調べ、読み、納得する。
こういった行動をすることで、投資の基礎を知り、思考方法を投資家に近づけます。

 

2. 基礎的な情報を元に、業界の常識を調べる

基礎的な情報があれば、業界の常識もなんとなく理解できます。

 

業界の常識を知ると、稼いでいる投資家達の言っていることが、深く理解できるようになります。

 

正確な投資判断をするために、非常に役立つのです。

 

 

 3. 判断基準が出来始める

基礎情報や、業界の常識を知ることで、徐々に判断基準が出来始めます。

 

先ほどまでは、有名な人の意見であれば無条件で信じていた人も、

 

少しずつ変わっていきます。

 

「この人の言っていることは、何か違うような・・・?」

 

「なんだか、嘘を言っているような気がする。」

 

「逆に、こっちの人はいいことを言っている」

 

「実績は嘘ではなく、きちんとデータで証明しているし」

 

こういった具合に、情報と適切な距離を取ることが可能になります。

 

 

 4. デモ取引

判断基準が出来てきたら、すぐにデモ取引を始めましょう。

 

実際の取引とは違うことも多いですが、雰囲気を掴むことが大事です。

 

デモ取引を経験することで、FX投資をしている状況を、リアルにイメージできるわけです。

 

ここまでやれば、もう初心者ではなくなります。
ある程度正確な判断基準が出来ています。

 

「有名な投資家の意見」とも、適切な距離を取れるようになります。
つまり、自分なりの判断基準が出来つつあるので、何でも信じ込むことが無い。何でも疑うことも無い。

 

情報との適切な距離感があるわけです。

 

 

もちろん、実際にお金を動かしてみないことには、分からないこともあります。

 

投資の世界は特に。言葉では伝わらないことが多いですし(^^;)

 

ここから、取引経験を積んでいき、稼ぎ方を体で覚えていくのです。

 

 

ですが、あなたはもう、何も知らない初心者ではありません。
投資ってこういうものなんだ!と、FXという業界の全体像は把握できるでしょう。

 

稼げる人間になれるか?
数千万円稼げるのか?
数億円稼げるのか?
それとも脱落するか?

 

それは、すべてこれからのあなた次第です

 

ただ、立派に稼ぐための「挑戦権」は獲得した状態になります。

 

勉強したつもりになって、無謀な投資をして、大事な貯金を失う「初心者」ではありません。

 

自分の頭で判断できる、「投資家」なのです。

 

トップへ戻る